とりあえずフラーレンに副作用はなし!

国内外のあらゆる研究機関で安全性試験がされているフラーレン。それだけ大注目の成分なのですが、このフラーレン、結果的には副作用なし。なんです。

 

フラーレンの副作用や白斑の恐れを気にするよりもココが大事!

 

原料のフラーレンの毒性の確認はもちろんのこと、製品化されたフラーレン化粧品にも安全性の試験が行われています。また、敏感肌でも使用できるフラーレンなのですが、敏感肌が皮膚刺激を感じるかどうかの試験でも、刺激性がないという結果に。

 

フラーレンそのものに副作用や毒性は全くなく、心配される白斑の恐れもありません。

 

ただ、フラーレン化粧品を使用して肌が荒れたりと肌に合わないと感じた場合は、フラーレン以外の成分が刺激になっている可能性がありますので、その製品を皮膚科に持っていって特定してもらうなり、今後使用を避けた方が良いでしょう。

 

 

フラーレンの効果とは?

フラーレンの効果は高い抗酸化力により、肌のシミやシワなどのエイジングサインを予防・改善することができます。人の肌は加齢によりシワやたるみ、シミなどのエイジングサインが現れやすくなりますが、その要因となるのが活性酸素による酸化です。

 

細胞は生きている限り、活性酸素を発生し、無害なのもありますが、細胞を酸化させて機能を低下してしまうものがあります。そして、歳を重ねた肌ほど活性酸素による影響を大きく受け、肌細胞の保水力・保湿力が低下するためエイジングサインが現れやすくなるのです。

 

この活性酸素を抑制することができるのが抗酸化作用のある成分です。そのような効果を持つ成分として代表的なのがビタミンCですが、フラーレンはビタミンCの172倍の抗酸化力を持っています。そのため、高いアンチエイジング効果が期待できるのです。

 

フラーレンの抗酸化力は他の成分の抗酸化力とどう違う?

フラーレンは高い抗酸化力のある美容成分です。抗酸化力とは肌を老化させる活性酸素を除去する力のことで、シミ予防やシワの改善に効果的です。しかし、抗酸化力の高い成分というと、今まではビタミンCやアスタキサンチン、コエンザイムQ10がよく知られていました。
このような成分とフラーレンはどのような点が違うのでしょうか。

 

まず、持続力や安定性が違います。活性酸素には様々な種類があり、一種類の抗酸化成分だけでは抑制できないものもあります。しかし、フラーレンは全ての活性酸素に有効なので、肌表面の活性酸素を除去し、綺麗にすることができるのです。

 

さらにビタミンCなどの抗酸化成分は不安定なため、肌に触れるとその効能を損なってしまい、十分にスキンケア効果を得られない場合があります。しかし、フラーレンの場合は安定性が高く、肌にその効能を与えることができます。

 

さらにその抗酸化力の効き目は11時間続きます。そのため朝使うだけで夜までしっかりと肌を守ることができるのです。このように、フラーレンは他の成分に比べ、高い安定性と持続力があります。
そしてその力はビタミンCの172倍にもなります。そのため抗酸化成分として高い人気があるのです。

 

 

フラーレン配合化粧品を使用するならココが大事!

フラーレン自体に副作用がないのはわかりましたが、フラーレン化粧品を使用するために最も大事なことがあります。

 

それは、フラーレンの濃度

 

フラーレンの副作用や白斑の恐れを気にするよりもココが大事!

 

先ほどの副作用や刺激のテストでは、フラーレンの濃度が1%、5%、10%と濃度を変えて試験した結果、刺激がないということなのですが、この濃度が高い方がフラーレンの効果を引き出してくれるのは言うまでもありません。

 

様々な化粧品では、フラーレン配合!とだけ記載されているものもありますが、濃度がわからないフラーレン化粧品は使用しても意味がないのでやめておきましょう。

 

その理由は、フラーレンには
ラジカルスポンジR(R.S)
リポフラーレンR(L.F.)
モイストフラーレンR(M.F.)
ヴェールフラーレンR(V.F.)
FullavieR(フラヴィ)

と5つのフラーレンが存在します。それぞれ、1%以上のフラーレンを配合している化粧品は、ロゴマークを使用できるためフラーレン原料会社のビタミンC60バイオリサーチ社が認定されているという証明になります。

 

ダブルフラーレンマーク(ラジカルスポンジR(R.S)とリポフラーレンR(L.F.)を同時に配合しているマークですが、フラーレンの種類ではありませんが、認定を受けたロゴマークです。

 

フラーレンの副作用や白斑の恐れを気にするよりもココが大事!

画像:https://fullerene-beauty.com/

 

これら5つのフラーレンのロゴマークがある場合、1%以上のフラーレンが使用されていることを意味するのですが、実際はフラーレンそのものが1%配合されているわけではなく、他の成分も同時に配合されていて、合わせて1%ということになります。

 

フラーレンの認定ロゴマークをつけた製品であっても、実際のフラーレン配合量は0.03%程度あるので、認定マークを使用していないフラーレンと謳っている製品は、もっと少ない可能性は高いです。

 

さらに、認定ロゴマークがあるということは、原料会社の検査に合格しているという証拠なので、フラーレン化粧品を使用しても安全性に問題はない。ということになります。

 

ですので、フラーレン化粧品を使用する場合は、必ずロゴマーク認定を受けた化粧品を選ぶようにしましょう。認定されていない化粧品は、濃度も不確か、安全性も不安があります。

 

 

 

化粧品によってロゴマークが違うけど・・・どれがいいの?

ある化粧水には、ラジカルスポンジのロゴマーク。
こっちのBBクリームにはヴェールフラーレンのマーク。

 

いったいどれがいいの??と思うかもしれませんが、フラーレンの種類によって適している化粧品に使用しているだけだと考えていいです。

 

化粧水や美容液には、ラジカルスポンジが多く使用されています。あとは、簡単に言うと、水溶性か油性かの違いです。

 

フラーレン化粧品自体、そんなに多くはないので、本物のフラーレンを選ぶ時は、5つのロゴマークが必ず入っているので使えるフラーレン化粧品だと認識するための目安です。

 

 

フラーレンロゴマーク認定の化粧品

ビューティーモール
フラーレンの副作用や白斑の恐れを気にするよりもココが大事!
取り扱っている全ての化粧品全てに、フラーレンマーク取得製品が使われている信頼できるショップです。
>>ビューティーモール フラーレン化粧品のラインナップはこちら

 

 

フラセラ

フラーレンの副作用や白斑の恐れを気にするよりもココが大事!

皮膚の専門医師が開発したドクターズコスメのフラセラ。
>>ドクターズコスメのフラセラはこちら

 

 

ドクターリセラ

フラーレンの副作用や白斑の恐れを気にするよりもココが大事!

開発者が50代とは思えないキレイな素肌で有名なドクターリセラ。顧問医師も常駐している安心企業です。
>>ドクターリセラの詳細はこちら

 

 

フェリーチェトワコ
フラーレンの副作用や白斑の恐れを気にするよりもココが大事!
君島十和子さん開発のフラーレン化粧品フェリーチェトワコ。
>>フェリーチェトワコ公式サイトはこちら

 

フラーレンは、ビタミンCの170倍もの抗酸化作用があります。肌が酸化していくと、著しい老化が見られますので、抗酸化作用の高いフラーレンが人気なのも納得です。

 

それに、シワになる原因の活性酵素だけを取り除くことができるので、アンチエイジング効果が高いと言われています。フラーレンは副作用の心配をするよりは、原料会社が認定した、規程量以上配合されているという認定を受けたフラーレンを使用するかどうかが重要となってきます。

 

購入する際は、必ずロゴマークの確認をしてくださいね!

 

 

 

 

 

更新履歴